2歳児と楽しむ家・室内遊び

By | 2017年11月8日

外は雨。2歳の子どもと1日中家で何して過ごそう?

とお悩みの方々のために、子どもが喜ぶ家遊びをご紹介。

絵本やおもちゃ遊びではなく、できるだけお金をかけずに簡単にできる遊びを取り上げます。





sponsored link

手遊び

手遊びは、脳の発達を促し、手先を器用にする効果があるといわれています。リズム感を養うこともできます。

ポピュラーなのはこのような歌です。

●糸まきのうた
●手をたたきましょう
●頭かたひざポン
●とんとんとんとんひげじいさん

できれば一緒に遊ぶ大人が歌ってあげましょう。多少音痴でも歌詞があやふやでもOK。楽しむことが大切です。

もちろん、YouTubeやCDを流しながらでも構いません。

新聞紙遊び

びりびり破いたり、くるくる丸めたりして遊びます。

破れた新聞紙を両手で舞い上げて花吹雪のように降らせるのも子どもたちは大好きです。

気づいたら部屋中が新聞紙だらけになりますが、散らかった新聞紙を片付けるのもまた楽しい。

片付けまでが遊びです。

新聞紙がなければ、チラシやプリントの裏紙でも代用できます。

ただし、普通の紙では指を切りやすいので注意が必要です。

できれば新聞紙に近いぺらぺらしたやわらかい紙を用意しましょう。

お絵かき&シール貼り

2歳になると、かなりお絵かきを楽しめます。紙と描くものを用意して、描きたいだけかかせてあげましょう。

シール貼りも喜んでやってくれます。

でも、このためにわざわざシールを買うのはもったいない!

注射のご褒美や景品などでもらえるシールをコツコツ貯めておきましょう。

ボウリング

2歳になると上手にボールを投げたり蹴ったりできるようになります。

キャッチボールもいいですが、おすすめはボウリング。

空のペットボトルをピンにします。
P_20171030_161302

ペットボトルを倒すだけでなく、立てるのも子どもにやってもらいましょう。

音遊び

家にある身近なもので音遊びを楽しみましょう。

ペットボトルに米を入れてマラカスのように振ったり、割り箸で空き缶をたたいてみたり。

きっと好きな音が見つかるはず。

段ボール遊び

2歳になっても段ボール遊びは大好き。

pb200011

このような長い段ボールはトンネルとして大活躍。

ほかにも段ボールを乗り物にしたり、段ボールにお絵かきしたり、遊び方はたくさんあります。

お手伝い

お手伝いも立派な遊び。2歳でもできるものとしては、

●レタスちぎり
●クッキーの型抜き
●スイッチを押す
●片付け

などがあります。子どもは喜んでやってくれるはずです。

いかがでしたか。雨の日は保護者にとってもたいへんですよね。

お互い頑張りましょう!





sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です