砧公園でクヌギをみつけてカブトムシを捕ろう

By | 2018年8月5日

「カブトムシを飼いたい!」と二太郎が言い出しました。

ネットを調べたら、砧公園で捕まえられるらしいので、早速行ってみることに。

なお、私は大の虫嫌い、昆虫採集初心者です。でも子どものためなら・・・と、頑張りました(笑)





クヌギの木をさがそう

カブトムシがいる木はいくつかあるのですが、代表的なのはクヌギの木です。

砧公園にはクヌギの木が何本かあるので、それを見つけるのがカブトムシ探しの第一歩。

一番有名なのは、世田谷美術館のレストランの前にあるこちらの木です。

20180707_173236

葉はこんな感じ。

20180707_173352

細長くて先がギザギザしています。

幹はこんな感じ。
20180707_173325

ゴツゴツしています。

よく観察して、写真を撮るなどして、クヌギの特徴を頭に入れておくといいでしょう。



クヌギはどこにある?

美術館前の木でカブトムシに出合えたらラッキーですが、たとえ見つからなくてもがっかりしなくていいですよ。

まだまだあります、クヌギの木。

目印になるのが、ファミリーパーク内の「けやきのトイレ」。

けやきのトイレの場所は、園内の地図でご確認ください。

けやきのトイレの正面に大きな木が1本、トイレ入口から見て左側に何本かあります。

いずれの木もトラップが仕掛けられていることが多いので、見ればすぐわかると思います。

ほかにもファミリーパーク内には数本あるので、ぜひ探してみてください。

いっぽう、ファミリーパーク外の駐車場や遊具があるところでは、確認できませんでした。





sponsored link

砧公園でカブトムシを捕るポイント

●時期は7月から8月中旬
●時間は夜がベター
●ファミリーパーク内の(樹液が出ている)クヌギを見つける
●砧公園に多いサクラの木にはまずいない
●暑いので、水分補給を忘れずに

昆虫採集のコツは、ほかのサイトを参考にしていただければと思います。

我が家の成果

7月中の夕方に3回行ったのですが、一度もカブトムシを捕まえることはできませんでした。

出合うこともありませんでした。

しかし、
20180725_205415
ノコギリクワガタが!

カブトムシはいなくても、ほかの昆虫に出合えることがあるので、あきらめずに挑戦してみてください!





sponsored link