赤ちゃん連れ・子連れでホテル三日月富士見亭に行ってきました

By | 2016年10月7日

先日、龍宮城ホテル三日月 富士見亭に行ってきました。

pa010077

2016年5月20日にオープンしたばかりです。

pa010088

C2とアクアラインを利用して、東京から1時間もかからずに到着。立派な建物です。

pa010111

開放感のあるゴージャスなロビー。ゴールドを基調とした色合いが優雅な雰囲気を出しています。

チェックインをすませたら、館内着を選びます。

pa010114

館内着と浴衣から1着を選択。館内着のほうが人気があるそうです。

トロピカルなデザインで、リゾート気分にひたれます。子ども用もあります(ベビー用はありません)。




スポンサーリンク

富士見亭の部屋

今回は、3階の部屋でした。

新しいホテルですが、鍵です。カードキーではありませんし、オートロックでもありません。

部屋は、ベッドルームと和室に分かれています。

こちらは、ベッドルーム。ベッドが2台置かれています。

pa010085

こちらが和室。夜には、布団を敷いてくれます。布団なら赤ちゃんも安心。

テレビが大きくて、子どもたちは喜んでいました。

入った瞬間、新築ならではの匂いがしました。畳の香りもいい感じです。

そして、富士見亭の部屋の大きな特長は、全室に半露天風呂があること!!

pa010086

しかし、温泉ではないので、わたしたちは入りませんでした。

さらに、全室がオーシャンビュー。

pa010082

pa010083

曇天でしたが、子どもたちは広い海に感激していました。晴れていれば、富士山が見えるそうです。

富士見亭の食事

夕食も朝食もバイキングレストラン「さくら」でいただきました。部屋と同じ3階にあるので、移動が楽でした。

pa020122

夕食は17時と19時45分、

朝食は7時30分、8時15分、8時45分から選べました。

夕食は17時、朝食は8時15分を選びましたが、どちらも並ばずに入ることができました。

大人のみ、夕食には前菜が付きます。
pa010112

左がさざえのつぼ焼き、右が鮑の踊り焼きです。

ホテルのちらしには、60種類の料理と書いてありましたが、そんなにはなかった気が……。

しかし、ホテルのバイキングで食べたい料理はそろっていたと思います。

すしとステーキには、行列ができていました。地産地消(三日月では千産千消と書いています)のメニューもありました。

夕食は、銚子産のふかひれを使ったスープと千葉さんのブルーベリーが入ったカレーがおいしかったです。朝食は、あさりご飯とあさり汁が◎。

夕食は、キッズコーナーも充実していました。

p_20161001_173408

もっとも、一姫と二太郎は、キッズコーナーの揚げ物よりも夕食は、すしとチョコレートファウンテンに夢中でしたが。

朝食では、ヤクルトの飲み放題に大喜びしていました。

三之助は、バイキングの食事をまったく食べてくれなかったので、持参したベビーフードと赤ちゃんせんべいをあげました。

朝食は、お粥があるのですが、食べてくれませんでした。

富士見亭のお風呂

富士見亭には、最上階の11階に露天風呂があります。脱衣所にタオルが置いてあるので、タオルを客室から持っていく必要はありません。

開放感があり、とても気持ちのいいお風呂でした。富士山は見えませんでしたが、眺めも最高です。

ふだんは39度のお風呂に入っている一姫と二太郎も入ることができたので、お湯はそんなに熱くないと思います。

「今まで入ったお風呂の中で一番気持ちよかった!」と、一姫は言っていました。

口コミの悪評について

旅行サイトなどの富士見亭の口コミを読むと、悪いことがいっぱい書かれています。

そこで、よく見かける富士見亭の悪評について、私なりに感じたことを書きます。

あくまで個人の感想ですので、参考程度にさらっと目を通していただければと思います。

汚い

口コミには、「掃除が行き届いていない」「髪の毛が落ちていた」など、衛生面に関する散々なコメントが並んでいるので、私もとても不安だったのですが、行ってみたら、富士見亭は、ロビー、部屋、レストラン、風呂のいずれもきれいでした。

ベランダには、ほこりがありましたが、風で飛んでくることもあると思うので、あまり気になりませんでした。

ただ、アクアパーク、スパ棟、お祭りランドは……。詳しくは、別の記事をご覧ください。

待ち時間が長い

土曜日に泊まりましたが、チェックイン・チェックアウト、夕食・朝食、どれも並ぶことなく、スムーズでした。

接客の質が低い

私たちがホテルに入るとき、玄関の自動ドアのところに、2人立っていたのですが、「いらっしゃいませ」の一言もなかったのには、驚きました。

あの2人は何のために立っていたのだろう。それ以外の人たちは、可もなく不可もなくという感じです。

まとめ

富士見亭は、部屋も食事もお風呂も満足のホテルでした。

一姫と二太郎は「今まで泊まったホテルの中で一番!」と太鼓判を押しています。

客層は、ほとんどが子連れのファミリー。三世代で来ている方も多くいました。

赤ちゃん連れ、子連れであれば、とても楽しめると思います。