きたゆざわ 森のソラニワ

By | 2019年5月23日

2018年の夏休み、北海道伊達市にある「きたゆざわ 森のソラニワ」に宿泊しました。

かつては「第二名水亭」というホテルでしたが、体験型リゾートホテルとしてリニューアル。よりファミリー向けになりました。




部屋

和洋室のスタンダードルームは、和モダンに。
20180826_142947

バストイレは以前のまま。便器は新しくなっていたかも。
20180826_143210

館内着のゆぱっちゃは、子どもサイズもあります。
20180826_143357

20180826_143108

20180826_143126

20180826_143114





sponsored link

レストラン

食事はビュッフェスタイルの「ア・ラ・ソーヤ」でいただきました。

キッズコーナーが充実しています。
20180826_182753

奥には遊べるスペースがあります。食事をそこそこに遊んでしまう子が続出していました。
20180826_182603

もちろん、大人が満足できる料理も豊富。お寿司、カニ、地元で採れたきのこ汁など、北海道らしい料理もたくさんありました。

アスレチックパーク

ムササビ

「きたゆざわ 森のソラニワ」に泊まったら必ず体験したいのが、夏季限定の野外アスレチック「ムササビ」。小学生以上が利用できます。

しかし、わが家の一姫二太郎は「怖い!」と言って、やりませんでした。

勇気のある小学生はぜひ挑戦してみてください! 家族連れでとても賑わっていました。

屋内遊具パーク「ア・ソ・ボーヤ」

「ムササビ」以外にも遊べる施設はあります。それが屋内遊具パーク「ア・ソ・ボーヤ」です。こちらは季節や天候に関係なく1年中利用でき、0歳から楽しめます。

入場料金は500円(3歳以上)。チェックアウトまで何度でも利用できます。

エントランスにはブランコ。動きません。
20180826_150309

本格的なクライミングウォール。小学生にはかなりハードだったよう。大人も挑戦できます。
20180826_153702

乳幼児が遊べるスペースもあります。
20180826_151249

広々としたボールプールとジャングルジム。
20180826_152318

絵本もたくさん。ビーズクッションは、お父さんの休憩スペースと化していました。
20180826_150436

ほかにも、季節の景色を堪能できる露天風呂や1年中入れる温泉プールなどがあり、館内で1日中遊ぶことができます。

一姫二太郎は「また来たい!」と言っており、小学生も大満足のホテルでした。





sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です