子連れで第二名水亭に行ってきました

By | 2017年1月11日

北海道民で知らない人はいない「野口観光」系列の「第二名水亭」に行ってきました。

第二名水亭は、リーズナブルなお値段でリゾート気分を満喫できるホテルです。子ども向けサービスが充実しており、子連れに大人気。三世代で利用する方もたくさんいます。

お部屋

和洋室が基本です。





sponsored link

入り口側の洋室にベッドが2台あります。3名以上の場合は、和室に布団を敷いてくれます。
p1050057
広々としたお部屋です。

ウェルカムスイーツは、野口観光一押しの「ざっこくじゃがぽりん」。じゃがいもに雑穀を混ぜ合わせたクッキーです。上にのっているのはブラックペッパーですので、小さなお子様はご注意を。2L のミネラルウォーターも無料で飲めます。
p_20170105_162643

トイレと部屋風呂はやや古い感じ。
p_20170105_162604

夜には、花火が見えました。第二名水亭では、繁忙期のみ花火が打ち上げられます。

p1050087
写真はイマイチですが、実際はとてもきれいでした。

食事

夕食、朝食どちらもバイキングです。

夕食

地産地消に力を入れており、北海道や地元の伊達市の郷土料理が並びます。名物のきのこを使ったきのこ汁、炊き込みご飯、まいたけのてんぷらはおいしかったです。ステーキの食べ放題もあります。郷土料理ではありませんが、個人的にはここのビーフカレーが大好きです。辛めなのでお子さま向きではありませんが、おとなはぜひ。

第二名水亭は山の中にあるので、海のものを期待してはいけません。以前はダントツ人気だったカニの食べ放題がなくなってしまったのは、とても残念です。お寿司も期待外れ。

デザートは充実していますが、二太郎が楽しみにしていたチョコレートファウンテンはなくなってしまいました。





sponsored link

朝食

和食、洋食どちらもあります。朝カレーもあります。おすすめは、たまごサンド。卵がたっぷり入っています。
p_20170106_081626

私は炭水化物ばかりですが(笑)、肉や魚料理もあります。三之助は、鮭粥をたらふく食べました。

夕食も朝食も、以前よりグレードが下がっている気がするものの、おいしかったです。

子供向け施設

第二名水亭の周囲には何もないので、チェックアウトまで館内で過ごすことになるため、子どもが遊べる施設がいくつかあります。。

温泉プール

室内と屋外の温泉プールがあります。屋外のプールにはスライダーとジャグジーがあります。屋内は、25mプールです。冬でも営業していますが、屋外プールは寒いです!!

キッズスペース

夏休みと冬休み時期には、「アソビマ城」という遊具がいっぱいのアトラクションがあったのですが、今回はありませんでした。代わりにボールプール、ブロック、サッカーゲーム、ピンボールが設置されていました。
p_20170105_162926
p_20170105_162908
p1050066
子どもたちは、これだけでも十分楽しかったそうです。

ゲームコーナー

地下1階には、「ミルキーウェイ」というゲームコーナー・卓球場・ビリヤード場があります。
p_20170105_172153
p_20170105_171901
景品をすくって落とす「スウィートランド」は、落としやすかったです。ついついお金を使ってしまいました・・・。

1階には、妖怪メダルのスウィートランドとガチャガチャがあります。

アクセス

JR札幌駅から、無料の送迎バスが運行されています。

もちろん、自動車で行くこともできます。途中は山道のためカーブと坂が続くので、運転に慣れていない方は注意が必要です。また、千歳方面から国道を行く場合、道の駅およびきのこ王国までの1時間ほどは休憩できる場所がありません。出発前にはトイレに行っておいたほうがいいです。

道路沿いには、このような標識がいくつもあります。

p1050056

飛び出してくることはほとんどありませんが、車内から外を眺めると、動物がいることも。

p1050054

どこにいるかわかりますか?

アップにします。

p1050055

エゾシカ! 今回は、ノース・スノーランドin千歳の近くで遭遇しました。

今回はカニの食べ放題がなくなったり、アソビマ城がなかったりして、がっかりだなと思っていたら、第二名水亭は2017年4月29日(土)にリニューアルオープンするとのこと。リニューアルに向けて節約していたのかもしれませんね。リニューアルしたら、また行くつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です