2016年秋妖怪ウォッチにハマる

By | 2016年12月2日

2年前は、アニメを「つまらない」と言って1か月で観るのをやめたのに、友達が妖怪ウォッチや妖怪パッドを見せてくれてもちっとも興味を示さなかったのに、それなのに、それなのに、なぜだーーーーー!!!

わが家では2016年の秋に空前の妖怪ウォッチブームが訪れた。

きっかけは、夏の終わりごろから二太郎の保育園で妖怪メダル作りが流行り始めたこと。写し絵に色を塗って厚紙に貼るだけという単純なものだが、これが結構面白かったらしい。2週間くらいかけて30枚作ってきた。それで、久しぶりにアニメを観たら、一姫と二太郎は大ウケ!! 第1話から観たいと言い出し、時間を見つけては観るように。

しかし、ふと世間を見回せば、妖怪ウォッチのキャラクターグッズを持っている子は激減。妖怪メダルを持ち歩いている子も見ないし、DSをしている子もまずいない。

さらに、トイザらスのクリスマスカタログを見ると、表紙には載っておらず、目玉商品が乗っている2ページ目にはライバル(?)のポケモン。妖怪ウォッチがどこに掲載されているかと言えば、8ページ目の1/8スペースにひっそり。

極め付きはこれ。トイザらスで妖怪メダルを2袋購入したところ、その値段が、

p_20161201_075900

!!!

確か、定価は1袋200円くらいですよね。それが41円に。あまりの値下げっぷりにわたしは目を疑いましたが、店員さんもかなり驚いていました。

このような現実を知るたびに、世間的にはブームが終焉してしまったことを実感しました。

まぁ、そんな世の中の反応などつゆ知らず、一姫と二太郎の中で妖怪ウォッチ熱は高まるばかりです。

そしてついに先日、二太郎が誕生日プレゼントとして「妖怪ウォッチ」を手に入れました!
p_20161118_155915

最新モデルの「DX妖怪ウォッチドリーム」ではなく、ひとつ前のモデル「DX妖怪ウォッチU プロトタイプ」です。なぜなら、お値打ちだし、これでも十分遊べるから。そのお値段なんと、

1,200円+送料340円=1,540円

安い、安すぎる! しかも、中古メダルが5枚付いてきた。

p_20161118_153824

正直あまり期待していなかったのですが、「ブリー隊長関羽」「コマさんS」「モレゾウ」など、知っているものが多くて、二太郎大喜び。

そのうえ、妖怪ウォッチを手に入れたならメダルも必要だよねということで、「 妖怪メダル第1章 復刻版 ~ヨウコソ!妖怪わーるどへ!~ 」を箱買い。

こちらのお値段は、

1,182円+送料350円=1,532円

Amazonの参考価格は、2,333円ですので、かなりお安く手に入りました。

1箱に、12袋24枚が入っています。さっそく開封。

pb190003

ホロメダル7枚、ノーマルメダル7枚でした。ダブりもありました。なお、下の写真がホロメダルです。

pb190006

妖怪メダル第1章は、おなじみのキャラクターが多いので、ノーマルメダルでもかなり喜んでいました。

今回、妖怪ウォッチUプロトタイプと妖怪メダル1箱に支払った代金は

1,540円+1,532円=3,072円でした。

ちなみに、2016年12月2日時点の「DX妖怪ウォッチドリーム」の値段が3,680円。最新の妖怪ウォッチを買う値段で、旧型の妖怪ウォッチ+メダル33枚が買えたのですから、なんだか得した気分です。子どもが気に入ってくれていることが何よりもうれしいんですけれど、値段も重要ですよね、親としては。とてもいい買い物ができたと思っています。

念願の妖怪ウォッチを手に入れた二太郎たちの次のターゲットは「映画」。12月17日に公開の映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン! を絶対に観に行きたいそうです。今まで妖怪ウォッチの映画を観たことがないので、楽しみです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です