さがみ湖プレジャーフォレストはアスレチック遊園地

By | 2016年11月20日

さがみ湖プレジャーフォレストには、当ブログで紹介した天狗道場以外にもアスレチックがあります。

アスレチックというと、小学生以上が挑戦するというイメージがあるかもしれませんが、プレジャーフォレストなら、2歳くらいから楽しめるものがあります。

さっそく、赤ちゃん連れ・幼児連れで遊べるアスレチックをチェックしましょう。

ピカソのタマゴ

プレジャーフォレストの入口近くにある名物アトラクションです。いつも子供や家族でにぎわっています。

ピカソのタマゴとは?

迷路、ネット、丸太などの27種類から構成されているカラフルなアスレチックです。

のぼる・渡る・くぐるという動きを通して、集中力・バランス感覚・想像力を養うことができます。安全性が高く、小さな子どもでも楽しめるのも大きな魅力です。

利用について

●料金・・・入園料のみで利用可
●年齢・身長制限・・・特になし
●利用規定・・・未就学児は保護者の付き添いが必要、妊婦の利用不可

遊び方

基本的には1~27の順に進みますが、難しそうなものややりたくないものはとばしても構いません。

初めての方は、1番目のスレッドウォールの前にいるスタッフの説明を受けてからスタートします。

公式には、妊婦さんの利用ができません。もし利用する場合は、十分注意してください。大きな土管を乗り越えるものをはじめ、妊婦さんにはかなりきついアトラクションがあります。

10番目のスパイダークライム。蜘蛛の巣のような形をしているところをつたっていきます。

img_20150401_114000-effects

19番目のクリングロッド。

img_20150401_115930

26番目のスネイキービーム。

img_20150401_121419

 

 ターザンマニア

2016年7月にオープンしたばかりのアトラクション。いわゆる王道のアスレチックです。

利用について

●料金・・・700円(フリーパス使用可)
●利用規定・・・1人での利用は、10歳以上かつ120cm以上。満たない人は要付添
●雨天中止

遊び方

陸上アスレチック9種類、水上アスレチック3種類の12種類があります。

下の写真のように1~12までの番号がついており、1からスタートします。途中はとばしても構いません。

p_20161015_153430

1番目のバランス渡り。天狗道場の後にやったので、余裕があります。

p_20161015_153823

今回、わたしが三之助を抱っこしていたため、水上アスレチックはパス。イカダ渡り、タル舟、イカダ橋の3種類。濡れている子もいたので、着替え必須です。

p_20161015_154528

ピカソのタマゴより難易度が高いですが、3歳くらいの子も頑張っていました。年長~小学校低学年の子にちょうどいいレベルです。

ジャンボ滑り台

斜面の地形を利用した長い滑り台。小学生以下なら入園料のみで利用できます。けっこうスピードが出ますが、かなり楽しそうです。
p_20161015_162412

まとめ

プレジャーフォレストの入園料は、大人1,700円、小人・シニア1,000円です。この入園料を払えば、ピカソのタマゴとジャンボ滑り台で遊び放題。さらに1人700円払えば、ターザン・マニアで遊ぶことができます。乗り物に乗らなくても、十分楽しめます。

アスレチックだけでなく、乗り物も乗るのであれば、フリーパスがオススメ。こちらは、大人3,900円、小人・シニア3,100円です。フリーパスであれば、ターザン・マニアは無料です。また、乗り物の待ち時間がほとんどないので、好きな乗り物に乗り放題です。

なお、メルマガ会員になると、お得な割引券がもらえます。もちろんわたしは登録しており、割引券をもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です