0歳からOK! 赤ちゃんがよろこぶ絵本

By | 2016年8月9日

今回は、1歳の三之助が0歳のときから読んでいる本をご紹介します。赤ちゃんへの本選びの参考にしていただけたら、うれしいです。

「ぴよちゃんシリーズ」の傑作

「ぴよちゃんと さわって あそぼ!『めくって ばあ!』」

いりやまさとし作
「ぴよちゃんと さわって あそぼ!『めくって ばあ!』」
学研教育出版

201603181040357e6

いりやまさとしさんの「ぴよちゃんシリーズ」の中でも三之助が大好きなのが、この絵本。フエルトをめくると動物が顔を出すしかけ絵本です。

赤ちゃんは「いないいないばあ」「めくること」が大好き。『めくって ばあ!』なら、この2つができます。

この絵本に出合ったのは、現在小学生の一姫が生まれたとき。家に何冊かあった赤ちゃん向けの絵本の中で、この本がダントツのお気に入りでした。二太郎が赤ちゃんのころも、この絵本が大好きでした。そして今は、1歳の三之助が一番好きな絵本です。

この絵本を見ると、手足をバタバタさせて喜びます。

8か月のころは、わたしが文章を読みながら、いっしょにフエルトをめくっていました。1歳を過ぎたいまは、自分でどんどんめくっています。

赤ちゃんは「知っているもの」に安心と喜びを感じます。お母さん、自分の家、いつも遊んでいるおもちゃ……。絵本も同じだと思います。

だから、赤ちゃんにはいろいろな絵本を読むのではなく、大好きな1冊をくりかえし読むようにしています。

三之助とわたしは、『めくって ばあ!』ほぼ毎日読んでいます。

でも、ちっとも飽きません。毎回大笑いです。初めての絵本としても、おすすめです。

0歳から楽しめる絵本

『はいチーズ!』

『はいチーズ!』
きしらまゆこ 作・絵
フレーベル館

さるのカメラマンが動物たちを撮影します。象のような大きな動物から、犬や猫のような身近な動物まで、いろいろな動物が登場します。そして、最後にはうれしい仕掛けが。赤ちゃんが大喜びする仕掛けです。このおかげで、赤ちゃんが動物たちと一緒に写真に写ることができるのです。

『ぴょーん』

『ぴょーん』
まつおかたつひで著
ポプラ社

かえるやバッタなどのいろいろな生き物がが「ぴょーん」と飛びます。三之助が0歳のときは「ぴょーん」と読むときに、高い高いしたり、両腕を挙げてあげました。1歳になったいまは、いっしょに飛ぶまねをしています。体を動かしながら読める楽しい絵本です。

『I Like It When...』

『I Like It When...』
Mary Murphy

英語の絵本です。ペンギンの親子が「あれが好き」「これが好き」というお話です。「I Like It When」というフレーズが繰り返し出てきます。というより、最後のページを除いて、「I Like It When」しか出てきません。

でもそれがいいのです。

赤、黄、青、緑、白、黒のはっきりしたイラストも魅力的。三之助はこのイラストが大好きです。イラストを見せると声を出して笑います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です